ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SH491:スノースポーツ

SH491:スノースポーツ

科目番号、授業科目名

SH491、スノースポーツ/Snow Sports

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 教養教育系科目、選択、講義・実技(対面)、1単位

履修年次、開設学期

2年次、2学期集中

受講対象

総合デザイン学科

担当教員

中島 幸則
向後 佑香
天野 和彦
木村 桂子


科目の到達目標

安全に配慮しながら、自分の体力や能力に応じた基礎的な操作が実行できる。

学習の項目別目標

1.スノースポーツに関する基礎知識を理解できる
用具や滑りに必要な基本的知識を理解できる
2.基礎的な操作が実行できる
自分の体力や能力に応じた基礎的な操作が実行できる。
3.安全に配慮した滑走ができる
スキー場の斜面や周囲に十分注意して安全に滑ることができる


授業概要

スノースポーツを生涯スポーツとしてとらえ、長期に渡り楽しくかつ安全に活動できるための知識・技術を習得する。また、集団生活における協調性、社会性を養い、冬の大自然を楽しむ。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修0.25時間
事後学修0.25時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンス-(中島、向後、天野)
    (キーワード)スノースポーツ
    (予習)スノースポーツの目的(0.25)
    (復習)実習に向けた準備と心構え(0.25)
  • 第2回 ~第15回-現地での実習(中島、向後、天野)
    (キーワード)安全な滑走、生涯スポーツ
    (予習)スノースポーツに関する基礎知識について調べる(3.5)
    (復習)スノースポーツに関する基礎知識について調べる(3.5)

履修条件

・当該年度の健康診断を受診し、医師から健康面で問題がないと判断されること。
・事前に開催するガイダンスに参加すること。

学習に必要な知識・技能等

基礎体力と適応能力


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 0 0 20 0 0 0 80 100
総合力指標 知識 0 0 20 0 0 0 0 20
技能 0 0 0 0 0 0 10 10
応用 0 0 0 0 0 0 10 10
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 20 20
意欲 0 0 0 0 0 0 40 40
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:基本的な知識を正確に理解できる。
  • 技能:それぞれの場面で必要な技術を習得、活用できる。
  • 応用:学んだ技術を自ら考え応用できる。
  • 表現:
  • 協調:仲間と協調して行うことができる。
  • 意欲:活動に積極的に参加できている。

教科書・教材・参考文献・配布資料等

指定しない

授業における配慮

説明時には手話、口話、指文字等を併用する他、プリント資料等の配布を行う。

受講生に望むこと

日頃からトレーニングで体力作りに励むことが大事である。

教員実務経験