ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SB093:電気回路学・演習2

SB093:電気回路学・演習2

科目番号、授業科目名

SB093、電気回路学・演習2/Electric Circuits and Exercises 2

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 専門教育系科目 専門教育科目、選択必修、講義・演習(対面)、3単位

履修年次、開設学期

2年次、2学期

受講対象

産業情報学科、情報科学コース

担当教員

黒木 速人
安 啓一


科目の到達目標

・電気回路の理論と基本法則を理解する。
・電気回路の解析法の理解と解析における計算力を身につける。

学習の項目別目標

・正弦波交流の表現方法(時間波形):概念が理解でき、的確に表記できる
・正弦波交流の表現方法(記号法):概念が理解でき、的確に表記できる
・交流回路:正弦波交流を的確に表記でき、回路解析に適用できる


授業概要

電気回路学・演習1に引き続き,工学系の基礎および電子工学系の基礎理論を身に付けるために,電気工学における基本法則の中で,特に交流理論を中心に概説する。演習では,それらの理解力や応用力を身に付けるための演習問題を行う。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修2時間
事後学修2時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンス、必要な数学
    (キーワード)三角関数,ベクトル,複素数等の計算
    (予習)基礎数学の復習
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第2回 直流回路の復習
    (キーワード)直流回路
    (予習)直流回路の復習
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第3回 正弦波交流
    (キーワード)正弦波交流波形の時間関数(三角関数)による表現
    (予習)三角関数の復習
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第4回 正弦波交流と回路要素(1):抵抗、コンデンサ、 コイル
    (キーワード)正弦波交流、抵抗、コンデンサ、コイル
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第5回 正弦波交流と回路要素(2):抵抗、コンデンサ、 コイル
    (キーワード)正弦波交流、抵抗、コンデンサ、コイル
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第6回 交流回路(1):時間波形による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第7回 交流回路(2):時間波形による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第8回 交流回路(3):時間波形による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第9回 中間試験
    (キーワード)講義前半で扱った内容全般
    (予習)講義前半の復習
    (復習)中間試験結果の復習
  • 第10回 記号法の考え方
    (キーワード)記号法
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第11回 交流回路(4):記号法による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第12回 交流回路(5):記号法による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第13回 交流回路(6):記号法による解析
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第14回 解析方法の比較
    (キーワード)交流回路、時間波形、記号法
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施
  • 第15回 まとめ
    (キーワード)交流回路
    (予習)前回内容の復習と配付資料の確認
    (復習)講義内容の理解と演習問題の実施

履修条件

なし

学習に必要な知識・技能等

数学、物理学に関する基本的な知識を有すること。


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 80 0 15 0 0 0 5 100
総合力指標 知識 35 0 5 0 0 0 0 40
技能 40 0 5 0 0 0 0 45
応用 5 0 5 0 0 0 0 10
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 0 0 0 0 0 5 5
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:基本的な概念を理解し正確に表現できる
  • 技能:知識を回路解析に適用し解析を貫徹できる
  • 応用:応用的な回路に対して知識を適用し解析を完徹できる
  • 表現:-
  • 協調:-
  • 意欲:複雑な内容に対しても学ぶ意欲を持っている

教科書・教材・参考文献・配布資料等

教科書は特に指定しない、関数電卓は各自持参のこと。
演習問題のプリントおよび解説資料は配付する。

授業における配慮

・演習問題を解く筋道を解説して進める。
・板書、手話、プロジェクタなど視覚教材を多用し講義を行う。
・個別指導を積極的に行う。

受講生に望むこと

電気回路学・演習は、電気回路の解析方法を学習する専門基礎教科となります。3年次以降に控える電子工学系の専門科目の基礎となるため、漏れなく修得して下さい。出題する演習課題は一週間以内に完了させ、解らない問題は溜めずに個別指導を仰ぐようにして下さい。更に、不得意とする単元は繰り返し自己学習し、解らない箇所は個別指導を仰ぐように。

教員実務経験