ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SA571:コミュニケーションと社会環境

SA571:コミュニケーションと社会環境

科目番号、授業科目名

SA571、コミュニケーションと社会環境/Communication in Social Environment

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 教養教育系科目、選択、講義(遠隔)、2単位

履修年次、開設学期

1年次、1学期

受講対象

産業情報学科

担当教員

河野 純大
皆川 洋喜
内藤 一郎
加藤 伸子
若月 大輔
井上 正之


科目の到達目標

1対1や1対多、グループでの対面コミュニケーションを体験し、他者とのコミュニケーション方法を確立するとともに、自身のコミュニケーション状況や方法について、説明できる能力を身につける。
あわせて、ネットワーク上のコミュニケーションや電話リレーサービス、情報保障の手段などのメディアや社会環境についても理解を深める。

学習の項目別目標

1.自身のコミュニケーションについて説明できる力を養う
・手話、筆談、口話など、自身が駆使できる手段を使って、確実に相手とコミュニケーションを取ることができる各自の方法を習得し、各自のコミュニケーションポートフォリオを作成する
・1対1、1対多、グループなどのシチュエーションでのコミュニケーション方法を確立する
・会議の場での合意形成の方法について理解・習得する
2.ネットワークや情報通信技術を駆使したコミュニケーションや情報保障について学ぶ
・ネットワーク上のコミュニケーションについて理解し、使いこなす能力を養う
・さまざまな社会資源について学び、使いこなすための知識を養う


授業概要

私たちは、現代社会の様々なコミュニケーション環境を通して常に情報を受け取り、発信もしている。
私たちに馴染みの深いメディアを取り上げ、その仕組みや人間との相互関連について学ぶ。また、様々なメディアからの情報を利用する私たち自身の行動を顧みることを通して、社会環境としての情報メディアのあり方も考える。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修2時間
事後学修2時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 コミュニケーションツールにアクセスする
    (キーワード)コミュニケーションツール、Teams、Zoom
    (予習)シラバスを読み、学習内容等を理解する
    (復習)次回までにコミュニケーションツールの活用方法を習得する
  • 第2回 テーマに沿った自己紹介(1)-自己紹介用紙の作成-
    (キーワード)伝える、伝わる方法
    (予習)テーマに沿った発表内容と発表方法を考える
    (復習)自分の自己紹介の方法に関する振り返り
  • 第3回 テーマに沿った自己紹介(2)-自己紹介の発表-
    (キーワード)伝える、伝わる方法、他者の評価
    (予習)発表に関する評価ポイントを検討する
    (復習)自分の自己紹介の方法に関する振り返り
  • 第4回 コミュニケーションをとる(1)-1対1のコミュニケーション(1)-
    (キーワード)1対1のコミュニケーション方法
    (予習)先週のふりかえりからコミュニケーションの工夫を考える
    (復習)1対1のコミュニケーション方法の振り返り
  • 第5回 コミュニケーションをとる(2)-1対多のコミュニケーション(2)-
    (キーワード)1対1のコミュニケーション方法
    (予習)先週のふりかえりからコミュニケーションの工夫を考える
    (復習)実践したコミュニケーション方法について振り返る
  • 第6回 コミュニケーションをとる(3)-グループでのコミュニケーション-
    (キーワード)グループでのコミュニケーション
    (予習)グループ討論の方法を考える
    (復習)グループでの自身のコミュニケーション方法を振り返る
  • 第7回 会議でのコミュニケーション(1)
    (キーワード)会議の目的、会議の形態、会議の進行方法
    (予習)会議の経験について振り返る
    (復習)会議の目的等について整理する
  • 第8回 会議でのコミュニケーション(2)
    (キーワード)合意形成の方法、情報の授受
    (予習)模擬会議での進行、参加方法について検討する
    (復習)模擬会議で実践した方法について振り返る
  • 第9回 会議でのコミュニケーション(3)
    (キーワード)ファシリテーション、会議の進行方法
    (予習)会議での進行役の経験について整理する
    (復習)模擬会議での進行方法について振り返る
  • 第10回 ネットワークとコミュニケーション
    (キーワード)メール、SNSでのコミュニケーション
    (予習)これまでのSNSやネットワーク上でのコミュニケーション体験について整理する
    (復習)ネットワーク上のコミュニケーションについて復習する
  • 第11回 ネットワーク社会と情報倫理
    (キーワード)情報倫理、ネチケット
    (予習)情報倫理的な問題について調査する
    (復習)情報倫理の問題についての理解を深める
  • 第12回 さまざまな支援方法を知る
    (キーワード)コミュニケーション、緊急事態、生活場面、社会環境、手話通訳、文字通訳
    (予習)これまでの自身のコミュニケーション方法について整理する
    (復習)状況別のコミュニケーション方法を考える
  • 第13回 さまざまな支援方法を活用する
    (キーワード)ロールプレイ、情報保障体験
    (予習)これまでの情報保障体験について整理する
    (復習)状況別のコミュニケーション方法を考える
  • 第14回 コミュニケーションポートフォリオの修正
    (キーワード)コミュニケーションポートフォリオ
    (予習)これまでの学習内容から、自身のコミュニケーション方法について考察する
    (復習)作成したコミュニケーションポートフォリオについて実践する方法を検討する
  • 第15回 コミュニケーションポートフォリオの検証
    (キーワード)発表、意見交換、フィードバック
    (予習)コミュニケーション方法について検討する
    (復習)自身のコミュニケーション方法を説明する方法を確立する

履修条件

特になし

学習に必要な知識・技能等

特になし


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 0 0 50 35 0 15 0 100
総合力指標 知識 0 0 15 0 0 0 0 15
技能 0 0 10 0 0 0 0 10
応用 0 0 10 10 0 0 0 20
表現 0 0 0 15 0 0 0 15
協調 0 0 15 10 0 0 0 25
意欲 0 0 0 0 0 15 0 15
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:コミュニケーションの手段やメディアについて知ること
  • 技能:コミュニケーション手段を使いこなす能力
  • 応用:さまざまな状況に対して必要なことを判断する能力
  • 表現:他者に対して自身の考え等を伝えるための能力
  • 協調:他者と共同して合意形成を図る態度や手段を身につける
  • 意欲:積極的に授業に参加する能力

教科書・教材・参考文献・配布資料等

適宜、プリント等を配布し、参考文献については必要に応じて紹介する

授業における配慮

視覚提示資料の活用、板書、手話など、内容がきちんと伝わるための工夫を駆使する

受講生に望むこと

きちんと伝える、伝わる、コミュニケーションの習得を目指したいので、積極的な気持ちで臨んでほしい 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、全回オンラインでの授業を基本に開講するので、受講環境の整備はクラス担任やAA担当の先生に相談しながら進めてほしい。

教員実務経験

教員の一部あり