ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SA561:ろう・難聴者の社会参加

SA561:ろう・難聴者の社会参加

科目番号、授業科目名

SA561、ろう・難聴者の社会参加/Social participation of the Deaf and Hard of Hearing

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 教養教育系科目、必修、講義(対面と遠隔の併用)、2単位

履修年次、開設学期

2年次、1学期

受講対象

産業情報学科

担当教員

大杉 豊
小林 洋子


科目の到達目標

ろう者・難聴者の権利保障、情報保障、コミュニケーション保障、文化活動、教育活動それぞれについて、ジェンダー問題を含めて個人生活とコミュニティの過去と現状を学び、ろう者・難聴者として社会参加を果たすために必要な知識を習得する。

学習の項目別目標

1. ろう者・難聴者の権利保障について、
個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
2. ろう者・難聴者の情報保障について、
個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
3. ろう者・難聴者のコミュニケーション保障について、
個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
4. ろう者・難聴者の文化活動について、
個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
5. ろう者・難聴者の教育活動について、
個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
6. ろう者・難聴者の社会医学・ジェンダー問題について、個人生活とコミュニティの過去と現状に関する知識を身につける。
7. 以上の知識をもとに、ろう者・難聴者として社会参加を果たすために
必要な知識を習得する。


授業概要

ろう者・難聴者の個人生活及びコミュニティを権利擁護、情報・コミュニケーション保障、文化活動、教育活動などの切り口で解説し、社会参加を実現していくために必要な知識の習得を図る。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修2時間
事後学修2時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンス・様々な資格に挑戦する(大杉)
    (キーワード)欠格条項、運転免許
    (予習)シラバスを熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第2回 情報・コミュニケーション(大杉)
    (キーワード)災害、音声情報、バリアフリー
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第3回 文化の概念(大杉)
    (キーワード)自文化中心主義、文化相対主義、ろう者文化
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第4回 ろう者・難聴者のコミュニティ(大杉)
    (キーワード)コミュニティ
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第5回 ろう者・難聴者とメディア(大杉)
    (キーワード)点字新聞、日本聴力障害新聞
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第6回 ろう者・難聴者と文学・漫画(大杉)
    (キーワード)俳句、漫画、ろう者文化
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第7回 デフアート入門(大杉)
    (キーワード)芸術、DeVia
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第8回 自分史入門(大杉)
    (キーワード)聴覚障害、障害者手帳、言語使用
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第9回 ある島に見られたろう難聴者のコミュニティ(小林)
    (キーワード)マーサズ・ヴィンヤード島、アメリカ手話 
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第10回 ろう難聴者を取り巻く障害者の歴史(小林)
    (キーワード)優生思想、旧優生保護法
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第11回 ろう教育(日本)(小林)
    (キーワード)コミュニケーション、インクルーシブ教育
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第12回 ろう教育(海外)(小林)
    (キーワード)高等教育
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第13回 ろう難聴者とヘルス(小林)
    (キーワード)情報へのアクセス、リテラシー
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第14回 テクノロジー(小林)
    (キーワード)アクセシビリティ、情報通信技術(ICT)
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む
  • 第15回 キャリア(小林)
    (キーワード)ライフキャリア 、ライフステージ 、ジェンダー
    (予習)事前配付資料を熟読する
    (復習)課題に取り組む

履修条件

なし

学習に必要な知識・技能等

なし


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 30 0 70 0 0 0 0 100
総合力指標 知識 20 0 20 0 0 0 0 40
技能 0 0 20 0 0 0 0 20
応用 10 0 20 0 0 0 0 30
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 0 10 0 0 0 0 10
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:各論について基礎的な知識を身につけている。
  • 技能:学んだ知識について自分自身の経験と照らし合わせることが出来る。
  • 応用:学んだ知識をもとに自分自身の社会参加の在り方を具体的に想起できている。
  • 表現:
  • 協調:
  • 意欲:社会参加に必要な知識を身につける意欲を持っている。

教科書・教材・参考文献・配布資料等

授業で指示する
MS Teamsで資料等を配布する

授業における配慮

プリントした資料やスライド、VTRなどの視覚情報を活用し、多様な伝達方法を用いてコミュニケーションの円滑化を図る。

受講生に望むこと

社会におけるろう者・難聴者の個人生活やコミュニティを理解し、「自分が聴覚障害とどう向き合っていくか」を考えてほしい。

教員実務経験

大杉:聴覚障害当事者団体職員(管理職)を6年間経験している。