SA051:経済学

科目番号、授業科目名

SA051、経済学/Economics

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 教養教育系科目、選択、講義(遠隔)、2単位

履修年次、開設学期

1年次、2学期

受講対象

産業情報学科

担当教員

篠塚 友一


科目の到達目標

身の回りの社会現象を経済学の視点から理解できるようになる。

学習の項目別目標

1.比較優位の理解
2.市場均衡の理解
3.消費者余剰と生産者余剰の理解
4.価格規制の理解
5.GDPと物価指数の理解
6.経済成長と生産性の関係の理解
7.失業とインフレーションの関係の理解


授業概要

ミクロ経済学とマクロ経済学の基礎を学習する。二国間で貿易を行うことから、両国とも利益を得ることができることを理解し、モノ(財・サービス)の値段(価格)がどのように決まり、モノの値段の動きを決める要因についての理解を深める。国内総生産や物価によって経済全体の動きを理解する。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修1時間
事後学修3時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 イントロダクション
    (キーワード)経済、経済問題、市場経済、見えざる手、市場の失敗、ミクロ経済学、不況、経済成長、マクロ経済学
    (予習)チームズにアップロードした第1回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第1回目講義用の資料を読み、「見えざる手」と「不況」について理解を深める(3h)。
  • 第2回  個人の選択と社会の選択
    (キーワード)個人の選択、資源、希少性、機会費用、限界原理、インセンテイブ
    (予習)チームズにアップロードした第2回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第2回目講義用の資料を読み、「機会費用」と「個人の選択」について理解を深める(3h)。
  • 第3回  経済モデル
    (キーワード)経済モデル、生産可能性フロンティア、比較優位
    (予習)チームズにアップロードした第3回目講義用の資料を読む(1h)。 
    (復習)第3回目講義用の資料を読み、「経済循環フロー図」と「比較優位」について理解を深める(3h)。
  • 第4回 経済循環フロー図
    (キーワード)家計、企業、財・サービスの市場、要素市場
    (予習)チームズにアップロードした第4回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第4回目講義用の資料を読み、「経済循環フロー図」について理解を深める(3h)。
  • 第5回 需要表と需要曲線
    (キーワード)需要表、需要曲線
    (予習)チームズにアップロードした第5回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第5回目講義用の資料を読み、「需要表と需要曲線」について理解を深める(3h)。
  • 第6回 供給表と供給曲線
    (キーワード)供給表、供給曲線、市場均衡
    (予習)チームズにアップロードした第6回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第6回目講義用の資料を読み、「供給表と供給曲線」について理解を深める(3h)。
  • 第7回 消費者余剰
    (キーワード)支払い意欲額、消費者余剰
    (予習)チームズにアップロードした第7回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第7回目講義用の資料を読み、「消費者余剰」について理解を深める(3h)。
  • 第8回 生産者余剰
    (キーワード)費用、生産者余剰
    (予習)チームズにアップロードした第8回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第8回目講義用の資料を読み、「生産者余剰」について理解を深める(3h)。
  • 第9回 政府の政策
    (キーワード)上限価格規制、下限価格規制
    (予習)チームズにアップロードした第9回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第9回目講義用の資料を読み、「価格規制」について理解を深める(3h)。
  • 第10回 テスト
    (キーワード)比較優位、市場均衡、規制緩和
    (予習)チームズにアップロードした第10回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第10回目講義用の資料を読み、「比較優位、市場均衡、規制緩和」について理解を深める(3h)。
  • 第11回 国内総生産
    (キーワード)国内総生産(GDP)、GDPの計算
    (予習)チームズにアップロードした第11回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第11回目講義用の資料を読み、「GDPの計算」について理解を深める(3h)。
  • 第12回 物価
    (キーワード)実質GDP、GDPデフレーター、消費者物価指数
    (予習)チームズにアップロードした第12回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第12回目講義用の資料を読み、「GDPデフレーターと消費者物価指数」について理解を深める(3h)。
  • 第13回 経済成長
    (キーワード)生産性、物的資本、人的資本、技術、生産関数、物的資本に関する収穫逓減
    (予習)チームズにアップロードした第13回目講義用の資料を読む(1h)。
    (復習)第13回目講義用の資料を読み、「生産性の決定要因」について理解を深める(3h)。
  • 第14回 貯蓄と投資
    (キーワード)貯蓄、投資、貸付資金市場、実質利子率
    (予習)チームズにアップロードした第14回講義資料を読んでおく(1h)。
    (復習)第14回講義資料を読み、「貯蓄、投資、貸付資金市場、実質利子率」について理解を深める(3h)。
  • 第15回 第11回から第13回までの復習
    (キーワード)GDP、物価指数、経済成長、貸付資金市場、失業とインフレーション
    (予習)チームズにアップロードした第15回講義資料を読んでおく(1h)。
    (復習)第15回講義資料を読み、「実質GDP、GDPデフレーター、消費者物価指数、経済成長」について理解を深める(3h)。

履修条件

なし

学習に必要な知識・技能等

簡単な数式やグラフを使って講義を行う。


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 0 30 70 0 0 0 0 100
総合力指標 知識 0 20 40 0 0 0 0 60
技能 0 5 20 0 0 0 0 25
応用 0 5 10 0 0 0 0 15
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 0 0 0 0 0 0 0
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:経済学の基本的な知識を正確に理解できる。
  • 技能:基本的な計算ができる。
  • 応用:経済学の基本的な知識を様々な問題に応用できる。
  • 表現:
  • 協調:
  • 意欲:

教科書・教材・参考文献・配布資料等

参考書:入谷純・篠塚友一『ミクロ経済学講義』日本経済新聞社、2012年.
ポール・クルーグマン、ロビン・ウェルス『クルーグマン ミクロ経済学』東洋経済新報社、2007年。
ポール・クルーグマン、ロビン・ウェルス『クルーグマン マクロ経済学』東洋経済新報社、2009年。

授業における配慮

・字幕提示による情報保障を付ける。
・プレゼンテーション資料を用いて、視覚的に理解できるようにする。
・Zoomあるいはチームズのチャットによる質疑応答を実施する。
・授業の内容理解を確認するために、小テストを随時実施する。

受講生に望むこと

経済学的に考えることの面白さを感じてくれるような講義を目指します。

教員実務経験