s2211:創造設計学特論

授業科目名 創造設計学特論
英 訳 Advanced Creative Design Engineering
科目番号 S2211 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1・2年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 後藤 啓光
授業の概要 新しいモノを創造するためには,これまでに学んだ基礎知識だけではなく,様々な技術を活用する必要がある。 本講義では,機械設計における課題設定,創造設計,知識活用について効果的な手法について述べ,実践的なモノづくりについて概説する。
授業の到達目標 機械設計において,構想から実際の機器作製および評価に至るまで対応できるようにする。
受講条件 なし
教材、参考書 社団法人日本機械学会:「生産加工の原理」,日刊工業新聞社
成績評価方法 平常点(30%)と設計書などのレポート(70%)の結果に基づいて評価する。
キーワード 機械設計,機械加工法,CAD,CAM,LabVIEW




担当教員 授 業 内 容
1 後藤 啓光 ガイダンス
2 後藤 啓光 設計の基礎過程の概説
3 後藤 啓光 各種機器の設計(1):主要機器選定法の概説
4 後藤 啓光 各種機器の設計(2):機器選定,計画図,計画書作成法の概説
5 後藤 啓光 各種機器の設計(3):部品図作成法の概説(機械製図法,寸法公差,表面粗さ)
6 後藤 啓光 各種機器の設計(4):組み立て図および機器設計書の作成法
7 後藤 啓光 機械加工法の概説(ボール盤,旋盤,フライス盤,NC,CAD,CAM)
8 後藤 啓光 機器制御用電気回路の概説
9 後藤 啓光 機器制御用電子回路の概説
10 後藤 啓光 機器制御・計測用プログラム(LabVIEW)の概説:計測に関するプログラム
11 後藤 啓光 機器制御・計測用プログラム(LabVIEW)の概説:制御に関するプログラム
12 後藤 啓光 性能および特性評価法の概説
13 後藤 啓光 設計事例1:形彫放電加工機
14 後藤 啓光 設計事例2:ワイヤ放電加工機
15 後藤 啓光 まとめ