s2208:軽量構造特論

授業科目名 軽量構造特論
英  訳 Advanced Light-structure
科目番号 S2208 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 田中  晃
授業の概要 前半では軽量構造の事例や基礎を学び,構造計画に関する基本的な知識を習得する。
後半では社会的に有用な構造のありかたを学び,構造技術の提案方法を習得する。
授業の到達目標 軽量構造を中心とする新しい建築構造・建築技術に関連するテーマに絞り,提案内容(既往の技術の事例および提案内容の位置付け・問題点・解決方法)について論理的に説明できるようにする。
受 講 条 件 なし
教材、参考書 学生の個性や専門性を考慮しながら,資料を選ぶ。
成績評価方法 出席(10%),講義内容に関するレポート(90%)
キーワード 軽量構造,空間,材料,環境




担当教員 授 業 内 容
1 田中 晃 軽量構造の技術史
2 田中 晃 材料と構造部材の配置
3 田中 晃 フォルムと構造的合理性
4 田中 晃 実例に見る構造と構造の評価
5 田中 晃 軽量構造と荷重
6 田中 晃 テンション構造(ケーブル張力による分類)
7 田中 晃 テンション構造(初期張力導入方法の分類)
8 田中 晃 張弦梁構造(初期導入による構造的挙動の変化)
9 田中 晃 地球と都市と建築
10 田中 晃 求められる構造技術
11 田中 晃 軽量構造の構造形式
12 田中 晃 軽量構造の施工計画
13 田中 晃 軽量構造の構法計画
14 田中 晃 軽量構造のホリスティックデザイン
15 田中 晃 軽量構造に関する口頭発表