s2204:熱工学特論

授業科目名 熱工学特論
英 訳 Advanced Thermal Engineering
科目番号 S2204 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 谷,下笠,明松,丹野,後藤
授業の概要 物理学及び熱力学を土台とする熱工学は,現代社会において大きな問題となっているエネルギー問題や地球環境問題を論ずるにあたり基礎となる学問である。本講義では,まず熱力学の第1法則,第2法則,理想気体と実在気体の状態変化とサイクル論,伝熱の形態などの基本を解説し,次に,その応用として,新エネルギー開発や自然エネルギーの利用,また,オゾン層破壊問題や地球温暖化問題などについて最近の研究動向も含めて説明する。
授業の到達目標 エネルギー問題や地球環境問題の本質を考察し,理解を深め,熱工学の基礎知識に基づいて説明できるようにする。
受講条件 なし
教材、参考書 講義資料としてプリントを配布する。
成績評価方法 平常点(50%)とレポート(50%)の結果に基づいて評価する。
キーワード 熱力学,伝熱学,サイクル論,エネルギー問題,地球環境問題,オゾン層破壊,地球温暖化




担当教員 授 業 内 容
1 未定 ガイダンス
2 未定 熱力学(1):熱力学の第1法則
3 未定 熱力学(2):熱力学の第2法則
4 未定 熱力学(3):気体の状態変化とサイクル論
5 未定 熱力学(4):蒸気発電サイクル
6 未定 熱力学(5):冷凍サイクル
7 未定 伝熱学(1):熱伝導
8 未定 伝熱学(2):対流熱伝達
9 未定 伝熱学(3):熱放射
10 未定 伝熱学(4):伝熱の数値解析
11 未定 熱工学とエネルギー問題(1):エネルギー利用の歴史
12 未定 熱工学とエネルギー問題(2):自然エネルギーの利用
13 未定 熱工学とエネルギー問題(3):新エネルギー開発
14 未定 熱工学と地球環境問題(1):フロンガスとオゾン層破壊
15 未定 熱工学と地球環境問題(2):地球温暖化問題