s2106:マルチメディア応用論

授業科目名 マルチメディア応用論
英 訳 Advanced Multimedia 
科目番号 S2106 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1・2年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 平賀 瑠美
授業の概要 音響データと画像データについての特徴量抽出についての理論を学び,それらを用いた応用事例について,プログラミング実習を通じて理解を深める。また,2つのメディアを相互に利用しあうことで,効果を高め得ることについて議論する。本講義では,既存データの特徴を知ることでメディア統合による情報活用の利点を深く考えるきっかけを与え,それをもとに新たな情報活用の方法を考案し,考案したことを実践できるスキルを身につけることを目標とする。
授業の到達目標 音の持つ情報を視覚的に提示する方法を自ら考え出すための手法・技法を身に付けられるようにする。
受講条件 特になし。
教材、参考書 授業時間中に提示する。
成績評価方法 レポート内容(100%)による評価
キーワード 音響・画像・主観・客観




担当教員 授 業 内 容
1 平賀瑠美 イントロダクション マルチメディアによる意図表現について
2 平賀瑠美 音響と画像の組み合わせ(1) 日常・芸術に見られる組み合わせ
3 平賀瑠美 様々な音響データ(1) 音楽データ
4 平賀瑠美 様々な音響データ(2)音声データ
5 平賀瑠美 音響データの特徴(1) Matlabの使い方
6 平賀瑠美 音響データの特徴(2) 基本周波数
7 平賀瑠美 音響データの特徴(3) スペクトル分析
8 平賀瑠美 画像データの特徴(静止画像)(1) 画像と周波数
9 平賀瑠美 画像データの特徴(静止画像)(2) Region Of Interest
10 平賀瑠美 画像データの特徴(動画像)(1) 動きの要素
11 平賀瑠美 画像データの特徴(動画像)(2) 動きの組み合わせ
12 平賀瑠美 音響と画像の組み合わせ(2) 各メディアでの意図
13 平賀瑠美 音響と画像の組み合わせ(3) マルチメディアによる意図強調
14 平賀瑠美 音響と画像の組み合わせ(4) 事例分析
15 平賀瑠美 まとめ