s2105:3Dグラフィックス特論

授業科目名 3Dグラフィックス特論
英 訳 3D Computer Graphics
科目番号 S2105 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1・2年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 若月 大輔
授業の概要 3Dグラフィックスの基礎知識をベースとして3Dモデリングおよびレンダリング手法について,最新技術の研究や応用事例を含めて講述する。また,3Dグラフィックスのプログラミング技法の解説を行い,実践的な3Dグラフィックスについての知識を深める。
授業の到達目標 3Dコンピュータグラフィックスの知識を深め,実装方法を絡めた実践的技術の習得を目標とする。
受講条件 なし
教材、参考書 必要なテキスト,参考資料等はプリントとして配布する。
成績評価方法 講義内容に関するレポート(100%)
キーワード 3Dコンピュータグラフィックス,画像処理,テクスチャマッピング,LOD,立体映像




担当教員 授 業 内 容
1 若月 大輔 ガイダンス
2 若月 大輔 3DCGの基礎1(3DCGの成り立ち)
3 若月 大輔 3DCGの基礎2(オブジェクトの種類と表示)
4 若月 大輔 3DCGの基礎3(座標変換)
5 若月 大輔 リアルな3DCG表現1(テクスチャマッピング)
6 若月 大輔 リアルな3DCG表現2(環境マッピング)
7 若月 大輔 リアルな3DCG表現3(その他のマッピング技術)
8 若月 大輔 リアルな3DCG表現4(反射モデルとレイトレーシング)
9 若月 大輔 表示効率の改善技術1(オブジェクトのデータ量削減)
10 若月 大輔 表示効率の改善技術2(LODの基礎)
11 若月 大輔 表示効率の改善技術3(動的なLOD)
12 若月 大輔 立体映像としての3DCG1(立体映像の原理と表示手法)
13 若月 大輔 立体映像としての3DCG2(立体映像の生成と撮影手法)
14 若月 大輔 立体映像としての3DCG3(立体映像の記録と伝送)
15 若月 大輔 まとめ