s2103:通信情報システム特論

授業科目名 通信情報システム特論
英 訳 Advanced Telecommunication Informatics
科目番号 S2103 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 大塚和彦
授業の概要 社会における情報システムと情報通信ネットワークは互いに関連しあい,多くの情報システムと連携することによって社会的なシステムとして構成される。 本講義では社会的システムが個々のシステムだけでなく,ネットワークによる統合的な考え,オープン的な構成手法により成立することをより総合的観点から講述する。 また,電子社会システムの実現における課題、情報通信ネットワークのあり方についても基本的な技術知識をより高め,社会論あるいは技術論として考察する。
授業の到達目標 情報通信ネットワークの構成技術と情報の取り扱いについて検討し,情報の流通と社会システムの関わりについて、下記の個別理解に基づき総合的な考察ができるようにする。
  1. 情報通信網のアーキテクチャ,考え方を理解できるようにする。
  2. 情報通信網の基本構成技術を説明,応用できるようにする。
  3. システムのモデル化により情報の役割,関わりについて理解できるようにする。
  4. 情報システム機能要件から必要なネットワーク構成を検討することができるようにする。
受講条件 特になし。 情報通信技術の知識があると好ましい。
教材、参考書 特に指定しない。 担当者が作成した資料等を適宜配布する。
成績評価方法 課題(70%),授業に対する取り組み(30%)
キーワード 情報,情報属性,ネットワーク,社会システム,情報プラットフォーム




担当教員 授 業 内 容
1 大塚和彦 ガイダンス(位置づけと概要)
2 大塚和彦 情報通信網のアーキテクチャ 
3 大塚和彦 基幹通信網
4 大塚和彦 アクセス網
5 大塚和彦 パーソナルエリア網
6 大塚和彦 インターネットの構成と機能(1) 〔基本機能〕
7 大塚和彦 インターネットの構成と機能(2)〔高度機能と課題〕
8 大塚和彦 インターネットデータセンター
9 大塚和彦 情報プラットフォーム(1)〔基本概念〕
10 大塚和彦 情報プラットフォーム(2)〔個別機能とシステム間インターフェース〕
11 大塚和彦 情報システムとネットワーク(1)〔地域公共ネットワークと電子自治体〕
12 大塚和彦 情報システムとネットワーク(2)〔高度道路交通システム〕
13 大塚和彦 電子社会とネットワーク(1)〔パラダイムシフトと現状〕
14 大塚和彦 電子社会とネットワーク(2)〔今後の課題と動向〕
15 大塚和彦 まとめ