ホーム > 学部・大学院 > 大学院 技術科学研究科 > 産業技術学専攻 > s1202:情報コミュニケーション学特論

s1202:情報コミュニケーション学特論

授業科目名 情報コミュニケーション学特論
英 訳 Advanced Information and Communication Science
科目番号 S1202 科目区分 基盤科目 ■共通科目
標準履修年次 1年次 単位数 2単位
授業の形式 講義
担当教員 加藤,黒木,内藤,西岡,平賀,皆川,稲葉,井上,大塚,河野,若月,白石,渡辺,米山,生田目,安
授業の概要 コミュニケーション科学,情報科学,電子工学分野の最近の重要課題について最先端技術の開発動向等の事例を含めて講述する。
授業の到達目標 コミュニケーション科学,情報科学,電子工学の最近の最先端技術の開発動向について理解できるようにする。
受講条件 なし
教材、参考書 授業項目に関するプリントを適宜配布する。
成績評価方法 レポート(70%),授業に対する取り組み(30%)により評価する。
キーワード コミュニケーション科学,情報科学




担当教員 授 業 内 容

1

15

各教員

各教員が次の授業をそれぞれ行う

・ガイダンス/情報コミュニケーション学とは
・マルチメディアに関する技術動向について
・マルチメディアに関する技術の課題と今後の展望
・情報通信システムに関する技術動向について
・情報通信システムに関する技術の課題と今後の展望
・コミュニケーション科学に関する技術動向について
・コミュニケーション科学に関する技術の課題と今後の展望
・ソフトウェアシステムに関する技術動向(1)オペレーティングシステム
・ソフトウェアシステムに関する技術動向(2)インターネット
・コミュニケーションに関する技術動向
・通信ネットワークに関する技術動向
・ヒューマンインタフェースに関する技術動向について
・ヒューマンインタフェースに関する技術の課題と展望
・グラフィックスに関する技術動向
・ビジュアルコンピューティングに関する技術動向