ホーム > 学部・大学院 > 大学院 技術科学研究科 > 産業技術学専攻 > s1201:ヒューマンシステム工学特論

s1201:ヒューマンシステム工学特論

授業科目名 ヒューマンシステム工学特論
英 訳 Advanced Human System Engineering
科目番号 S1201 科目区分 基盤科目■共通科目
標準履修年次 1年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 谷,倉田,服部,三浦,明松,今井,下笠,丹野,後藤,田中
授業の概要 機械工学,建築工学分野の最近の重要課題について,障害保障機器・動作支援機器等に関する最先端技術の開発動向等の事例を含めて講述する。
授業の到達目標 機械工学,建築工学分野の最近の最先端技術の開発動向について理解できるようにする。
受講条件 なし
教材、参考書 授業項目に関するプリントを適宜配布する。
成績評価方法 レポート(100%)により評価する。
キーワード 電子工学,機械工学,環境・安全工学




担当教員 授 業 内 容
1 谷 貴幸 ガイダンス
2 丹野 格 流体工学に関する技術動向
3 未定 熱工学に関する技術動向
4 明松 圭昭 材料評価に関する技術動向
5 下笠 賢二 機械システムの設計に関する技術動向
6 服部 有里子 通信システムに関する技術動向
7 後藤 啓光 生産工学に関する技術動向(1)加工方法
8 谷 貴幸 生産工学に関する技術動向(2)計測・制御
9 三浦 寿幸 建築環境性能評価に関する技術動向
10 倉田 成人 建築情報工学・地震工学に関する技術動向
11 今井 計 音・光環境工学に関する技術動向
12 未定 構造工学に関する技術動向(1)構造材料と耐震技術
13 田中 晃 構造工学に関する技術動向(2)大空間構造
14 未定 画像処理に関する技術動向
15 谷 貴幸 シミュレーションの技術動向,まとめ