s2212:建築安全設計特論

授業科目名 建築安全設計特論
英 訳 Advanced Course on Safety Design of Architecture
科目番号 S2212 科目区分 専門科目 ■コース指定選択科目
標準履修年次 1・2年次 単位数 2単位
授業の形式 講 義
担当教員 倉田 成人
授業の概要 建築災害の動向に基づいて、地震や火災に加え日常的なリスクについても、建築計画・設計との関わりにおいて理解できるように、建築空間における安全の考え方を解説する。安全計画と安全設計の各論と事例について講述し、安全な建築を設計し維持管理するための基本的な方法を論じる。
授業の到達目標 建築計画における安全の考え方を理解し、安全な建築を設計し維持管理するための方法を説明できる。
受講条件 なし
教材、参考書 授業中に適宜指定する。
成績評価方法 授業への積極的な取組み(20%)、レポート(80%)により評価する。
キーワード 建築計画、安全設計、建築災害、防災計画




担当教員 授 業 内 容
1 倉田成人 ガイダンス(建築と安全)
2 倉田成人 建築計画の概要
3 倉田成人 建築災害の動向
4 倉田成人 建築安全計画の考え方
5 倉田成人 建築安全設計のプロセス
6 倉田成人 建築安全設計の基本
7 倉田成人 建築安全設計の各論
8 倉田成人 住宅の安全計画
9 倉田成人 商業施設の安全計画
10 倉田成人 オフィスビルの安全計画
11 倉田成人 日常災害・地震災害等の防止と安全
12 倉田成人 スマート構造(制震、免震)の設計
13 倉田成人 建築安全設計から施工・維持管理
14 倉田成人 維持管理のための建築モニタリング
15 倉田成人 まとめ