A2120:聴覚障害情報保障システム特論

科目番号、授業科目名

A2120、聴覚障害情報保障システム特論/Advanced Information Accessibility for Deaf and Hard of Hearing

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 コース指定選択科目 障害者支援(聴覚障害)コース、選択、講義、2単位


履修年次、開設学期

1・2年次、1学期


担当教員

三好茂樹、磯田恭子


授業の到達目標

聴覚障害者に対する情報保障システムや字幕作成手法に関する最先端の技術、活用について理解できるようにする。


授業概要

聴覚障害者に対する情報保障手段としての遠隔情報保障技術や音声認識技術等に関して概説し、それらの具体的な構築や運用体験を通して学習を深め、現状の課題や最新技術動向、ならびに諸外国の状況等についても解説する。

授業計画


受講条件

なし


時間外学修の内容と時間の目安

準備学修 授業前に、授業内容や事前の配布資料の情報から必要に応じて予習する(2H)

事後学修 授業後、わからない用語などは調べ、授業内容の理解に努める(2H)


成績評価方法

レポート、出席状況により総合的に評価する。


教材、参考書

授業項目に関する資料を適宜配布する。