A1130:聴覚障害リハビリテーション特論

科目番号、授業科目名

A1130、聴覚障害リハビリテーション特論/Rehabilitation for People with Hearing Impairments

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

基盤科目 共通科目、選択、講義、2単位


履修年次、開設学期

1年次、1学期


担当教員

長南浩人、佐藤正幸、渡部杏菜


授業概要

本講義では、聴覚リハビリテーションに関連する聴覚障害の心理、生理、病理に関する解説に加え、聴覚障害アセスメントや心理アセスメント、指導法についても取り上げる。さらには、音声言語の獲得や認知能力に関するリハビリテーションの方法も説明する。

授業計画

障害児・者のリハビリテーションの意義とその方法を理解できる。


受講条件

なし


時間外学修の内容と時間の目安

準備学修 関係する書物・論文等を読んだ上で、疑問点をまとめておく(2H)

事後学修 学修した内容の具体例を考え理解を深める(2H)


成績評価方法

試験の成績80%、授業参加への取り組み10%、提出物の評価10%により総合的に評価する。


教材、参考書

授業内で紹介する。