A1160:視覚障害情報保障特論

科目番号、授業科目名

A1160、視覚障害情報保障特論/Information Media for People with Visual Impairments

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

基盤科目 共通科目、選択、講義、2単位


履修年次、開設学期

1年次、1学期


担当教員

宮城愛美、田中 仁


授業の到達目標

視覚障害者に対する情報保障の基本から最新動向までを総合的に解説し、その方法と手段の開発や改善に主体的に取り組むのに必要な知識を習得させる。


授業概要

視覚障害者の情報アクセスは、障害の状況やアクセススキルの習熟度に応じて、聴覚、触覚、残存視力のいずれか、あるいは、それらの併用によって行われる。したがって、視覚障害者に対する情報保障では、個々のアクセス方法に即した形態の情報を提供する必要がある。そこで、それぞれの感覚の特性についての基本を学ぶとともに、各感覚向けの情報コンテンツを制作するためのメディア変換の技法や関連する知識を実践的に修得する。

授業計画


受講条件

視覚障害者の情報アクセスの方法や問題点に関する概要を理解していること。


時間外学修の内容と時間の目安

準備学修 各回の配布資料を読んでおく(1H)

事後学修 各回の課題を提出する(3H)


成績評価方法

レポート等提出物80%、授業参加への取り組み20%により総合的に評価する。


教材、参考書

各回の内容に即した資料を提供する。