M9200:理学療法学特別研究1

科目番号、授業科目名

M9200、理学療法学特別研究1/Thesis Research in Physical Therapy 1

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 特別研究科目、必修 (理学対象)、演習、4単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1年次、通年、水曜6限及び集中、各研究室

担当教員

薄葉眞理子、木下裕光、平山 暁、三浦美佐、井口正樹


授業の到達目標

指導教員の指導のもとに研究テーマに関する文献調査・学習をし、研究計画を立てる。研究計画に沿い調査・実験等を行い、データを集積する。


授業概要

健康、疾病、リハビリテーション、介護予防等の領域において研究の企画、実施、論文のまとめ方など研究に必要なすべての手続き、方法を指導する。

授業計画


履修条件

特になし


成績評価方法

レポート50(応用50)、発表50(表現50)

成績評価基準

  • 知識:
  • 技能:
  • 応用:修士論文作成に必要で妥当性のあるデータ収集が終了していること。
  • 表現:報告会で資料をもとに報告する。
  • 協調:
  • 意欲:

教科書、教材、参考書、配布資料等

授業開始ガイダンスの際に指示する。

授業における配慮

特になし

授業外における学習方法

指導教員の指導に従う。

受講生に望むこと

M1101「保健科学セミナー」と併せて履修すること。