M5260:意思決定特論

科目番号、授業科目名

M5260、意思決定特論/Advanced Theory of Decision Making

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 コース指定選択科目 情報システム学、選択、講義、2単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1・2年次、2学期、火曜5限、518室

担当教員

鶴見昌代


授業の到達目標

情報に基づいて問題解決や戦略策定するための理論である意思決定法について理解する。さらに、現実の様々な場面に対して戦略的思考で取り組めるようになり、組織においてリーダーシップをとれるようになることを目標とする。


授業概要

情報に基づいて問題解決や戦略策定することの重要性が高まっている。この授業では、問題解決および戦略策定のための意思決定法について学習する。オークション、企業間取引などについて、ゲーム理論を中心に学習し、戦略的思考を培う。

授業計画


履修条件

前提知識は必要ないが、微積分、線形代数、位相についての基礎知識が有ることが望ましい。


成績評価方法

最終レポートにより、理解度、達成度を評価する。
平常点(受講態度、授業課題)も考慮する。

成績評価基準

授業における討議や質問回答についての内容から、各トピックについての理解の度合いを判定する。最終的な評価については、期末レポートの各課題の達成度を重視して判定する。


教科書、教材、参考書、配布資料等

中山幹夫、武藤滋夫、船木由喜彦「ゲーム理論で解く」(有斐閣ブックス)
岡田章「ゲーム理論」(有斐閣)

授業における配慮

点字教科書/拡大教科書を使用、教材は電子ファイルで配布する。

授業外における学習方法

授業における質問や討議で理解できなかった事を、次の授業までに調査し理解しておくこと。

受講生に望むこと