M5150:インターネット技術応用特論

科目番号、授業科目名

M5150、インターネット技術応用特論/Advanced Internet Applications

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 コース指定選択科目 情報システム学、選択、講義、2単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1・2年次、2学期、水曜2限、436室

担当教員

河原正治


授業の到達目標

第一の目標は、インターネット、特にWeb技術を使った応用システムの仕組みを理解することである。さらに、代表的なWebサービスシステムの構築手順を理解し、小規模システムにおいて実際に運用できることを目指す。


授業概要

インターネットを利用したアプリケーションサービスの実現方法を学習し、サーバ及びソフトウェアの実装手順を習得する。さらに、新しいサービスの可能性について考察する。また、これらの研究領域における学術論文に触れることで、最新の研究動向についての理解を深める。

授業計画


履修条件

(受講条件)学部授業科目「ネットワークプログラミング」「ネットワーク運用論」等のネットワーク関連科目を履修済みであることが望ましい。大学院科目「コンピュータネットワーク特論」を履修済みであること。


成績評価方法

授業への積極的取り組み状況、レポート提出状況、試験を総合して評価する。

成績評価基準

授業における討議への参加や質問についての回答内容から、各トピックについての理解の度合いを判定する。最終的な評価については、期末レポートの課題の達成度を重視して判定する。


教科書、教材、参考書、配布資料等

教科書は特に定めない。各回ごとに参考文献を紹介する。特に指定しない。
参考書: Computer Networking: A Top-Down Approach (Pearson, 2016, ISBN: 978-0133594140)

授業における配慮

教室のPCについては、スクリーンリーダ、画面拡大などのソフトウェアが用意されている。

授業外における学習方法

事前に配布する資料を読んでおくこと。また、各回の課題等について復習すること。

受講生に望むこと

特になし