M4185:内部障害学特論・演習

科目番号、授業科目名

M4185、内部障害学特論・演習 /Advanced Special Physical Exercise/Seminar in Internal
Medicine and Rehabilitation

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 コース指定選択科目 理学療法学、選択、講義・演習、3単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1・2年次、1学期、水曜5限、運動機能検査室

担当教員

三浦美佐


授業の到達目標

内部障害(者)に対する理学療法評価、介入、効果と基本的な研究方法を説明できる。


授業概要

内部障害(呼吸・循環・その他)者に対する障害像を把握し、同時に臨床研究の方法について文献抄読を行い、研究の意義ならびに基本的な研究方法について学ぶ。

授業計画


履修条件

特になし。


成績評価方法

レポート、出席状況、受講態度

成績評価基準

80点以上 優、70点から79点 良、60点から69点 可、60点以下 不可


教科書、教材、参考書、配布資料等

内部障害のリハビリテーション 上月正博 医歯薬出版
内部障害系理学療法学 居村成幸 医歯薬出版
運動処方の指針 アメリカスポーツ医学会 南江堂
内部障害理学療法学テキスト 細田多穂 南江堂

授業における配慮

授業外における学習方法

授業外における学習方法

必要に応じて随時連絡する

受講生に望むこと

あらかじめ臨床医学、内部障害系理学療法学の内容を復習し、関連する研究論文を確認すること