M3120:鍼灸手技療法研究技術論

科目番号、授業科目名

M3120、鍼灸手技療法研究技術論/Experimental Technique for Acupuncture/ Moxibustion and Manual therapy

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

専門科目 コース指定選択科目 鍼灸学、選択、講義、1単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1・2年次、2学期、集中、116室・131室・214室・351室・西棟

担当教員


授業の到達目標

  • ヒト実験の倫理と測定技術についての説明と実施が出来る
  • 動物実験の倫理と測定技術についての説明と実施が出来る
  • システマティクレビューの理論と実際を説明が出来る

授業概要

鍼灸手技療法刺激に対する生体の基本的な反応について、実験的観察の方法を学ぶ。さらに研究技術として文献の収集・分析法を学ぶ。

授業計画


履修条件

特になし


成績評価方法

授業への意欲(10%)、レポート作成、発表等(90%)の成績を総合して評価する。

成績評価基準

指示されたテーマに対するレポート提出または発表が出来ていること。


教科書、教材、参考書、配布資料等

授業開始ガイダンスの際に指示する。

授業における配慮

  • 視力に応じた資料を提供する。
  • 講義のための資料は拡大文字、テキストファイルなど用意する。

授業外における学習方法

指導教員の指示により適宜必要な学習を行う。

受講生に望むこと

特になし