M1102:保健科学セミナー(情報対象)

科目番号、授業科目名

M1102、保健科学セミナー/Seminar of Health Science

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

基盤科目 共通科目、必修(情報対象)、演習、2単位

履修年次、開設学期、曜時限、使用教室

1年次、1学期、集中、316室・518室ほか

担当教員

指導教員(及び、コース長)


授業の到達目標

  • 関連文献の調査収集ができる。
  • データ処理・分析ができる。
  • 視覚障害に配慮した、資料作り、プレゼンテーションができる。
  • 当該コースに関する学会等で研究発表ができる。

授業概要

修士論文を作成するために、関連文献の調査収集、データ処理技術および発表方法の演習を行い、研究の進め方やデータ分析能力を養う。最後に報告会を開催して発表方法を学ぶ。

授業計画


履修条件

大学学部の卒業論文を作成できる程度の研究遂行能力


成績評価方法

出席、発表等の成績を総合して評価する。

成績評価基準

発表および口頭試問での伝え方や理解度を重視する。


教科書、教材、参考書、配布資料等

授業開始ガイダンスの際に、コースごとに指示する。

授業における配慮

授業で用いる資料は、必要に応じて、墨字(拡大版を含む)、点字、電子データ等の形式で提供する。

授業外における学習方法

配布資料および参考文献による復習と予習。学生同士での発表練習と質疑応答練習。その他、指導教員および副指導教員より適宜指示する。

受講生に望むこと

事前に十分な時間をかけて資料整理や発表準備等をしておくこと。進度は受講生の理解度に応じて弾力的に行う。