ホーム > お知らせ・イベント情報 > 鍼灸学専攻主催シンポジウム「希望をつなごう」のアーカイブ配信を開始

鍼灸学専攻主催シンポジウム「希望をつなごう」のアーカイブ配信を開始

写真は鍼灸学専攻の紹介動画のページのイメージです。 去る10月30日に、保健科学部鍼灸学専攻の主催によるシンポジウム「希望をつなごう」を、オンラインにて開催しました。事前登録者は98名で、オンラインの特性上時間帯により差があるものの60名前後の方が常に視聴下さいました。ご参加の方からは、「今回のシンポジウムに大いに満足した。」(77%)、「同様の企画があればまた参加したい。」(96%)と、高い評価を頂きました。

今回のシンポジウムは、本専攻のウェブサイトからアーカイブ配信しております。当日ご覧になれなかった方も、是非ご覧になって下さい。視聴される際は、先ず下記のリンクに飛んでいただき、その後、ページを下にスクロールいただきますと、いくつかの動画の後に“筑波技術大学 鍼灸学専攻主催 オンラインシンポジウム「希望をつなごう」”のリンクがあり、そちらから視聴する事が出来ます。

関連リンク[鍼灸学専攻の動画一覧ページ]

当日のプログラムタイトルは下記の通りです。

  • 講演1『ポストコロナの未来へ・眼科編』 演者:陳進志(あさひがおか眼科 院長)
  • 情報提供『鍼灸手技療法を知ろう』 ・鍼灸学:石崎直人(筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻・教授) 、・あん摩マッサージ指圧:殿山希(筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻・教授)、・東西医学:鮎澤聡(筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター長・教授)
  • ランチョン企画『大学で鍼灸手技療法を学ぼう』
  • 学生や卒業生、教員の声が聞こえます
  • 講演2『ポストコロナの未来へ・就労編』 演者:大胡田誠(おおごだ法律事務所 代表)
  • 対談企画『卒業から今日までの歩みと未来の同窓生へのメッセージ』 ゲスト:久下浩史(大阪医科薬科大学附属病院 麻酔科・ペインクリニック 技術職員)
  • 特別講演『視覚に障害のある生徒の教育・個性豊かな我が子の子育て』 演者:大泉恒彦(元北海道高等盲学校校長)

(保健科学部鍼灸学専攻 笹岡 知子/2021年12月2日)