ホーム > お知らせ・イベント情報 > 【重要】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の徹底等について(注意喚起)

【重要】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の徹底等について(注意喚起)

学生・教職員の皆さま

学長 石原 保志


本学では、この4月から感染拡大防止対策を講じた上で、対面授業を基本としつつ、遠隔授業を併用し、授業が行われてきました。この間、授業が滞りなく行われてきたことは、学生・教職員の皆さん一人ひとりが感染拡大防止対策を徹底している成果だと感じています。学長として、そのご協力に改めて感謝申し上げます。

さて、新型コロナウイルス感染症は依然として予断を許さない状況が続いています。東京都及び沖縄県には「緊急事態宣言」が、埼玉県、千葉県、神奈川県及び大阪府の4府県には「まん延防止等重点措置」が発出されています。さらに、今後は、より感染力が強い変異株の拡大が予測されているところです。

茨城県においても日々感染者が確認されている状況です。つくば市内ではクラスターが発生し、これは集団での飲食等が原因とされています。これらの状況から、7月27日 火曜日から茨城県の対策Stage が3に引き上げられるとともに、7月30日 金曜日から8月12日 木曜日までの2週間、つくば市を含む県内16市町が「感染拡大市町村」に指定されることになりました。

現状では、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況にあります。

8月中旬から夏季休業期間に入りますが、学生・教職員の皆様におかれましては、「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」の区域への往来は、極力自粛するとともに、その他の都道府県・区域との往来についても、地域の感染状況を踏まえて、慎重に判断するようにしてください。

また、茨城県外へ帰省する場合には感染拡大防止対策を徹底し、帰省中や帰省から戻って来た後も「生活に関する注意」等を踏まえて、体温の計測や手洗いの徹底等の健康管理を行ってください。

皆さんの行動が、皆さんの大切な家族や学友の健康を守ることにつながります。引き続き感染拡大防止対策へのご協力をお願いいたします。


(大学戦略課/2021年7月30日)