ホーム > お知らせ・イベント情報 > 学長メッセージ(対面授業の実施にあたって)

学長メッセージ(対面授業の実施にあたって)

学生の皆様

こんにちは。

今般の新型コロナウイルス感染症を予防するため、本学ではこれまで遠隔授業を実施してきました。対面授業を受けてきた2年生以上の学生は、当初、自宅等で受けるオンライン授業に戸惑ったと思いますが、今はその授業方法に慣れてきたと思います。他方、新入生の皆さんは、せっかく大学に入学したのに同級生や先生方と直接会うことができず、大学生になった実感が湧かないという声も聞いています。このような状況もあり、大学としては、対面でしか行えない内容の授業の実施について検討してきました。

検討の結果、7月から一部の授業科目について、対面(面接)授業を開始することにしました。授業の中でも演習や実習をともなう科目については、オンライン授業だけでは習得することが困難な内容があり、これを対面で行います。ただ、遠隔教育で履修可能な科目については、オンライン授業を継続します。

なお対面授業の実施に際しては、学生寄宿舎、校舎棟をはじめ大学全ての施設について、感染予防のための環境を整備しています。

ただし、環境だけでは感染の防止はできません。もっとも重要なことは、皆さん一人ひとりが、感染拡大防止の意識を持ち、それを実践することです。3つの密を避ける、手洗いをする等、大学がホームページや各学部からお知らせしている留意事項とともに、厚生労働省が発表した「新しい生活様式」を実践し、大学内外での活動の中で一人ひとりが気をつけてください。

充実した学びと感染拡大の防止の両立は、皆さん自身の意識と行動にかかっています。

大学生として、また社会の一員として、責任ある行動を心がけてください。

筑波技術大学 学長 石原保志

(広報室/2020年7月2日)