ホーム > お知らせ・イベント情報 > 新型コロナウイルス感染症対策における学生への緊急支援基金へのご支援のお願い

新型コロナウイルス感染症対策における学生への緊急支援基金へのご支援のお願い

現在、新型コロナウイルス感染症が世界中で蔓延しており、私たちの社会活動に広範かつ深刻な影響を及ぼしています。

筑波技術大学学生への影響も甚大であり、学ぶ意欲をもちながらも困窮している学生の支援や、遠隔授業等の学習環境により、質の高い教育活動を維持するため、ご支援をお願い申し上げます。

ご寄附の方法は、基金のページに記載しております。

学長メッセージ

コロナ禍の中、現在、全国の殆どの大学で遠隔教育が行われています。多くの大学では、オンデマンド型の単方向オンライン授業を実施していますが、この方式は学生が自分のペースで授業を受けられるというメリットがある一方で、授業の中で教員と学生、あるいは学生間のコミュニケーションを通して、「思考」を深める相互作用を生み出すことが困難です。本学では、従前より少人数教育の利点を活かした能動的参加型の授業が多くの科目で展開されてきましたが、オンラインによる遠隔授業においても、受講生同時参加型の双方向授業が中心となっています。

5月末日現在、すべての授業を遠隔で実施しておりますが、上述の双方向授業において課題となるのが通信環境と端末機器の整備です。今年度の授業開始に際して、学生には自宅の通信環境を整備すること、端末機器を用意することを要請しました。ただ、個々の経済的事情により、十分な環境を整備することが出来ない学生もおり、先ずは大学の備品(パソコン、タブレット、モバイルルーター等)を貸与しております。ただ、双方向授業に適用可能なテレビ会議システムに対応する性能を有する機器を必要学生分用意することが出来ず、一部学生においては授業で画像や音声に支障が生じる事態が発生しています。

また今後、ウイルス感染の状況に細心の注意を払いつつ、実技、実習系の科目を中心に対面(面接)授業を実施することも視野に入れておりますが、学生の居住地は全国に分布しており、例えば空路を利用して大学に来る、あるいは大学から帰省するといった状況を想定した場合、航空業界の不況により従前の割引航空運賃が無くなり、かなりの経済的負担が学生にのしかかることが推測されます。

さらに経済的に困窮している学生の中で、従前のようなアルバイト収入を生活費に当てることも出来ず、国の経済支援だけでは学業を継続することが困難となる者も出てくる可能性があります。

このような状況の中で、今般、寄付金の募集を呼びかけることといたしました。

未来を支える若者のために、皆様のご支援をお寄せいただきますよう、お願い申し上げます。

筑波技術大学長
石原保志

(基金担当/2020年6月2日)