ホーム > 学生・教職員の活動 > 医療センター研修生 6月より臨床で本格的に研修を開始

医療センター研修生 6月より臨床で本格的に研修を開始

令和3年度新入研修生(左)と実技練習の様子(右)

令和3年度新入研修生(左)と実技練習の様子(右)

東西医学統合医療センターでは、今年度も新たな研修生15名(視覚障がい及び本学卒業生4名)を迎え入れました。研修生は、入所してから2ヶ月間、導入プログラムを受講して実践的な技術と知識を身につけました。本センターは、様々な医療職による統合医療が大きな特長です。本プログラムでは、鍼灸あん摩マッサージ指圧の他、医師の診察や理学療法士の運動療法などを見学して多職種との連携の重要性と包括的に患者を診ることを修得しました。実技試験を経て、6月からは施術を担当しながら本格的な研修がスタートします。充実した日々を送くれるよう、我々もしっかりとサポートをしていきたいと思います。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2021年06月21日)