ホーム > 学生・教職員の活動 > 令和元年度理学療法学専攻卒業生講演会実施報告

令和元年度理学療法学専攻卒業生講演会実施報告

講演会の様子(左)、参加者集合写真(右)

10月18日 金曜日、本学春日キャンパス臨床医学実習室において、卒業生の角谷 佳祐氏(板橋中央総合病院 理学療法士)を講師に招き、令和元年度理学療法学専攻卒業生講演会を開催しました。テーマは、「『視覚障害と理学療法』について」と題して1時間30分にわたって行われ、4年生を中心に熱心に学生たちが耳を傾けておりました。角谷先生ご自身が理学療法士になるまでの歩みをご講演いただき、障害を持ちながらも理学療法士を志望した動機、学ぶことの楽しさ、進路や就職など転機に臨んで考えたことなど、学生の目線に立った講師の話を通して、学業への目的意識の更なる啓発や就職活動への動機付け、職業観の醸成をすることができました。

写真は講演会の様子です。

(理学療法学専攻 就職委員会委員 井口 正樹/2019年10月22日)