ホーム > 学生・教職員の活動 > バンドサークルの学生が高齢者施設にて演奏を披露

バンドサークルの学生が高齢者施設にて演奏を披露

上段:全員での演奏風景、下段左:サックスを吹く矢野さんとトロンボーンを吹く岩下さん、下段中:フルートを奏でる八染さんと富川さん、下段右:納涼会のチラシ 8月11日 日曜日、つくば市内の「サービス付き高齢者向け住宅 つむぎ」の納涼会にて、本学バンドサークルおよび有志の学生・卒業生によるコーラスや楽器の演奏を行いました。こちらの施設には本学卒業生の矢野さんが勤務しており、昨年のクリスマス会にもお招きいただき、今回は2回目の演奏となります。童謡・唱歌・戦後の歌謡曲を中心に10曲、歌や楽器の演奏を披露しました。「茶摘み」では学生と利用者さんと手遊びをし、一緒に楽しんで頂きました。演奏者は鍼灸学専攻の秋吉さん・竹内さん、理学療法学専攻の遠藤さん、情報システム学科の富川さん・林さん・岩下さん・八染さん、卒業生の矢野さん、都内の大学生の和田さん、合計9名です。施設の利用者さん・職員さんともに歌ったり手拍子をしたり一緒に演奏に参加してくださり、最後は感動して涙を浮かべている方もいらっしゃいました。演奏終了後には、施設の方のご厚意にて利用者さんと一緒におやつを頂き、楽しい交流の時間を過ごすことができました。学生の心のこもった演奏が会場を包み込み、施設の方々と心の通い合うような温かく力強い雰囲気に感動し、音楽の素晴らしさを改めて感じる時間となりました。

(保健学科理学療法学専攻 中村 直子/2019年8月22日)