ホーム > 学生・教職員の活動 > 大学院生が第60回日本語弁論大会に出場

大学院生が第60回日本語弁論大会に出場

壇上で弁論するシリンさん。 本学大学院技術科学研究科保健科学専攻鍼灸学コース1年のジョロベコヴァ・シリンさん(キルギスからの留学生)が、去る6月1日 土曜日に青森県八戸市で開催された第60回外国人による日本語弁論大会に出場しました。29ヵ国123名の応募者の中から勝ち抜いた12名のみが本選に進むことが許される人気の高い大会です。シリンさんは、見事に出場権を獲得し、「恩返し」というタイトルでスピーチを行いました。 大会の様子は6月29日 土曜日午後2時からのNHK Eテレ「ワタシの見たニッポン」内で放送される予定です。テレビ放送後には国際教育振興会のウェブサイトに全員のスピーチ動画がアップされるそうです。是非ご覧ください。

(保健科学部保健学科 笹岡 知子/2019年6月26日)