ホーム > 学生・教職員の活動報告 > 博物館における点字の調査改修活動を実施

博物館における点字の調査改修活動を実施

博物館展示物の点字標記を確認している様子です

11月28日 水曜日、ミュージアムパーク茨城県自然博物館にて開催されている「さわれる展示ハートフルミュージアム」(11月23日 金曜日~12月9日 日曜日)を訪問し、点字表記の誤りや剥がれなどを確認し、修正を行いました。

約30点の展示に対して、本学大学院の情報アクセシビリティ専攻の学生がひとつずつ確認を行い、教員と視覚障害系支援課技術係職員が、分かち書きを行うなど、正しい点字表記になるように、その場で点字ラベル等の改修と追加を行いました。活動はミュージアムパーク茨城県自然博物館のFacebookでも紹介されました。

この活動は、文化施設(博物館・美術館など)の情報アクセシビリティの向上を目指すものです。展示解説にかかるご相談を希望される方は、生田目(museum-project[at]a.tsukuba-tech.ac.jp ※[at]は@です。)までご連絡ください。

#JSPS科研費18H01046の助成を受けました。

(産業技術学部産業情報学科 生田目 美紀/2018年12月11日)