ホーム > 学生・教職員の活動報告 > ブラインドサッカー日本代表に本学学生及び卒業生が多数選出

ブラインドサッカー日本代表に本学学生及び卒業生が多数選出

3月21日 水曜日から3月25日 日曜日にかけて、品川区天王洲公園にて開催される「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018」と「ディベロプメントゲームズ」日本代表に、本学学生及び卒業生が出場します。選出されたのは以下のメンバーです。応援よろしくお願いします。

「IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018」日本代表メンバー

川村 怜(鍼灸学専攻卒)、日向 賢(情報処理学科卒(短期大学))、加藤 健人(鍼灸学科卒(短期大学))、佐々木 ロベルト泉(情報システム学科卒)

「ディベロプメントゲームズ(ワールドグランプリ2018併催)」

近藤 正徳(鍼灸学専攻卒)、増田 周平(鍼灸学専攻3年)、森田 翼(理学療法学専攻3年)、山川 聖立(鍼灸学専攻3年)

試合スケジュール等、詳しくは[IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018のページ]をご覧ください。

(情報システム学科 福永 克己/2018年3月22日)