ホーム > 学生・教職員の活動 > 自然博物館で情報保障付きガイドツアーを実施しました

自然博物館で情報保障付きガイドツアーを実施しました

博物館の手話ガイド研究(卒業研究)に取り組む情報科学専攻4年生

12月10日 金曜日 「科学系博物館の情報アクセシビリティ研究」の一環として、 ミュージアムパーク茨城県自然博物館(※)のご協力のもと、 野外展示での「自然に触れてみよう(学芸員さんの解説+手話通訳)」、 常設展示での「恐竜の進化を学ぶ(本学学生による手話ガイド)」 「恐竜の生態学的特徴の比較(学芸員さんの解説+音声認識アプリ)」 という3つの取り組みを行いました。

10名の本学の聴覚障害学生が参加し、博物館の展示について解説を受けました。 参加学生からは「リアルタイムで解説を聞けるのはすごいと感じた」 「解説がとても分かりやすく、知らなかったことを知る事ができてよかった」 などの声が寄せられました。

写真は博物館の手話ガイド研究(卒業研究)に取り組む情報科学専攻4年生の勇姿です。

※ 現在、土日祝日及び特定日に同博物館に訪れる場合には事前予約が必要です。

(産業技術学部 生田目美紀/2021年12月15日)