ホーム > 学生・教職員の活動 > 今年度も視覚障がい者のオンラインによる実技授業を開催

今年度も視覚障がい者のオンラインによる実技授業を開催

オンライン授業の様子

9月13日、今年度も福岡県立福岡高等視覚特別支援学校専攻科研修科の学生を対象に、オンラインを活用した鍼実技の授業を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大により、オンライン授業が拡大しました。オンライン授業は、場所を選ばずに学ぶことができ、遠方でも学べる機会を増やしたり、就業しながら学べたりと、多くのメリットがあります。しかし、実技の教授は、対面授業に比べて様々な課題があります。さらに、視覚障がい教育に導入した場合、特有の課題やメリットも見えてきます。この本学独自の取り組みを通じて、多くの視覚障がい者に学びの機会を提供する方法の一つとして発展させたいと考えています。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2021年09月17日)