ホーム > 学生・教職員の活動 > 情報アクセシビリティ専攻2年生が茨城県留学生親善大使に任命されました

情報アクセシビリティ専攻2年生が茨城県留学生親善大使に任命されました

画像3枚結合、上から任命状を受け取るサイカルさん、任命状を掲げるサイカルさん、英語学習の様子 本学大学院情報アクセシビリティ専攻2年のボロトベック クズ サイカルさんが、公益財団法人茨城県国際交流協会から令和3年度「茨城県留学生親善大使」に任命されました。

6月26日 土曜日にザ・ヒロサワ・シティ会館(茨城県水戸市)で開催された任命式では、任命証交付と親善大使の活動の説明を受けるとともに、親善大使の活動の一つである「ワールドキャラバン」について、小学校や高校での活動事例の発表を聴講しました。サイカルさんも茨城県内の学校や団体を訪問して県民と交流できることを楽しみにしています。

(任命式は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で実施されました。)

なお、サイカルさんは、本年2月に開催された同協会主催の第30回外国人による日本語スピーチコンテストで、「もう一つの言葉、手話言語」を発表し、茨城県教育長賞に輝いています。

<関連リンク>


(障害者高等教育研究支援センター 大杉豊/2021年7月1日)