ホーム > 学生・教職員の活動 > 本学学生が第17回キャンパスベンチャーグランプリ東京で大賞を受賞

本学学生が第17回キャンパスベンチャーグランプリ東京で大賞を受賞

左がプレゼンをする高橋さん、右が授賞式の様子

本学大学院技術科学研究科情報アクセシビリティ専攻2年の高橋彩加さんが、現役学生を対象としたビジネスコンテスト「第17回キャンパスベンチャーグランプリ東京」で、最優秀の賞である大賞を受賞しました。

このコンテストは、関東圏の現役大学生・大学院生等たちがビジネスプランを競う大会で、受賞者がその後数々の起業につなげるなど、学生起業家の登竜門になっています。高橋さんは、本学大学院情報アクセシビリティ専攻で、ルワンダにおけるろう者・難聴者の就労支援に関する研究を重ねてきており、その成果等をもとに、今回の提案プラン「ルワンダのろう者カフェでサスティナブルな就労をサポート」でコンテストに挑戦しました。

今回のコンテストは、YouTubeへの動画投稿・リモートによる審査などで、各提案者が自身のプランをアピール(高橋さんを含めたファイナル進出者のプレゼン動画は、大会サイトに掲載される予定です)。数々の事業化提案の中、高橋さんのプランが見事、大賞に輝きました。

高橋さんのプランは、この後2021年1月に開催される全国大会に進出します。

写真は、左がプレゼンをする高橋さん、右が授賞式の様子になります(日刊工業新聞社撮影)。

大会のサイトは、こちらをご覧ください。

 https://cvg.nikkan.co.jp/index/tokyo/

(聴覚障害系支援課企画調整係/2020年11月27日)