ホーム > 学生・教職員の活動 > 本学大学院修了生及び教員が第4回茨城テックプラングランプリで企業賞を受賞

本学大学院修了生及び教員が第4回茨城テックプラングランプリで企業賞を受賞

左がプレゼンをする設楽さん、右が授賞式の様子

2020年11月14日 土曜日に開催された、第4回茨城テックプラングランプリ最終選考会において、本学大学院技術科学研究科の修了生(現在は筑波大学大学院博士後期課程在学中、および本学客員研究員)の設楽明寿さんが発表し、企業賞(株式会社フォーカスシステムズ賞)を受賞しました。

茨城テックプラングランプリは、株式会社リバネスの企画・運営のもと、数多くの研究機関が集積している茨城県で、新たな産業を創出しうる科学技術やビジネスシーズを発掘する「茨城テックプランター」事業において行われているプログラムです。

筑波大学や産業技術総合研究所など、茨城県内の大学・研究機関から計30チームがエントリーし、設楽さんや本学教員の白石優旗准教授らからなるチームHaptStarterの「触覚を標準に ~競技スポーツにおける触覚スタート技術の実用化~」がファイナリストの9チームに残り、最終審査に臨みました。

最終審査では持ち時間の合計15分間でプレゼンテーションと質疑応答を行い、設楽さんのプレゼンテーションに興味・関心を持った審査員から多くの質問がありました。 審査委員からは、「触覚を活用するという発想・内容は障害のない人では思いつかない技術である。障害のない人の目線・ある人の目線を融合することでいろいろな化学反応が期待できる。この技術は応用範囲が広いのではないか。今後に期待する。」との評価をいただきました。

また、来場者を対象とした会場投票でも3位を獲得し、審査員のみならず会場からも高い評価を得られました。

写真は、左がプレゼンをする設楽さん、右が授賞式の様子です。

【本研究の概要】

競技スポーツでは、聴覚障害者へのスタート合図の標準として、聴覚刺激の代わりに視覚刺激が用いられているものの、視覚刺激は聴覚刺激よりも反応時間が遅く、聴覚障害者に不利となっています。本課題を解決するため、「触覚刺激によるスタート技術」の実用化に向けた研究開発を行います。陸上短距離走を対象にコアとなる技術の特許出願は終えているところですが、実用性検証のため、触覚刺激発生の高速化、聴覚障害者と健聴者を対象とした反応時間の検証実験、並びに陸上競技以外への展開を計画しています。本研究を通し、聴覚障害者、視覚障害者、健聴者が平等に、かつ雑音の影響を受けることなくスタート合図を明確に感知できるイノベーションの創出を目指します。

https://www.shiraishi-lab.org/home/project/sports-support

https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/2020/11/haptstarter

(学術・社会貢献推進委員会/2020年11月27日)