ホーム > 学生・教職員の活動報告 > 本学大学院生が2018年度大学女性協会社会福祉奨学金を受賞

本学大学院生が2018年度大学女性協会社会福祉奨学金を受賞

贈呈式での加藤さん本学技術科学研究科産業技術学専攻2年生の加藤 優さんが「聴覚障害児のための環境音学習システムで用いる効果的な視覚情報に関する研究」という研究課題で、2018年度一般社団法人大学女性協会社会福祉奨学金を受賞しました。

加藤さんは大学4年生の特別研究で、聴覚障害児の環境音学習をテーマにした研究に取り組み始め、聴覚障害を持つ多くの児童に環境音の理解をしてもらいたいという強い気持ちから社会人経験後に研究を再開しました。修士課程在学中の2年間は熱意をもって研究を進め、海外での発表も含め、積極的に研究会に参加し、自分の研究を発信しました。

写真は、一般社団法人大学女性協会「新春のつどい」における国内奨学金贈呈式での加藤さんです。

(産業技術学部産業情報学科 平賀 瑠美/2019年1月18日)