ホーム > 学生・教職員の活動報告 > デザインワークショップを開催

デザインワークショップを開催

写真左は掃除機の違いを体験している様子、写真右はワークショップの様子です。

平成30年12月19日 水曜日、東芝デザインセンター(浜松町)において「デザインワークショップ」を開催しました。総合デザイン学科の学生9名が参加しました。このワークショップは、東芝デザインセンターのご協力により、ヒューマンインタフェースデザインの学習の一環として実施されたものです。

はじめに、製品やシステムのインターフェースデザインの開発事例をご紹介いただき、社会で必要とされるデザインがどのように誕生するのかについて開発現場の雰囲気を感じながら学ぶことができました。さらに、「災害」をテーマにしたワークショップを行い、問題発見から解決提案までをデザイナーの方々と一緒に行いました。学生からは「様々な意見を出し合い、相手のアイディアと自分のアイディアをまとめ、それについて具体的に会話をしながら深めていく過程がとても勉強になった」「将来を予想して何ができるか考えられるようになりたい」などの意見が寄せられるなど、深い学びにつながりました。

写真は掃除機の違いを体験している様子(左)とワークショップの様子(右)です。

(広報室 生田目 美紀/2019年1月9日)