ホーム > 学生・教職員の活動報告 > 本学教員がAPCS2018でFull Paper Awardを受賞

本学教員がAPCS2018でFull Paper Awardを受賞

APCS2018からの賞状及び10月29日、30日にマレーシアで開催されたAPCS2018後の授賞式の様子

産業技術学部産業情報学科の田中 晃講師が、APCS(Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures)2018よりFull Paper Awardを受賞しました。Full Paper Awardは、「a)technical excellence」「b)innovation」「c)significance to theresearch community」「d)clarity of presentation」の基準に基づいた審査の結果、最も基準を満たした研究に対して与えられる賞です。
 今回の受賞は、田中 晃講師の「Proposal of String Crescent Structure - About concept and structural characteristic for String Crescent Structure -」に関する研究に対して、授与されました。
 写真は、APCSからの賞状と、10月29日、30日にマレーシアで開催されたAPCS2018後に同会場にて行われた授賞式の様子です。
 なお、受賞となった研究内容は、平成29年1月20日付の「特許第6078251号:建築ユニット、建築構造物及び建築方法」において特許原簿に登録されています。

(産業技術学部産業情報学科 田中 晃/2018年11月14日)