ホーム > 学生・教職員の活動 > 2018年度の学生・教職員の活動報告 > 本学学生が第28回ライフサポート学会フロンティア講演会で奨励賞を受賞

本学学生が第28回ライフサポート学会フロンティア講演会で奨励賞を受賞

3月15日 金曜日から16日 土曜日にかけて埼玉医科大学日高キャンパスで開催されました「第28回ライフサポート学会 フロンティア講演会」において、本学学生の2名が奨励賞を受賞しました。受賞したのは、保健科学部情報システム学科4年の泉 隼樹君と星野 隼人君です。泉君の演題は「弱視者におけるHMD用全天球VRコンテンツの没入感に関する研究」、星野君は「視覚障害者向けタッピングゲームを用いたリズム認知の評価」です。この奨励賞は、生命・生活支援技術の領域において、積極的に卒業研究または修士論文、博士論文のための研究を行い、かつ人格、学業共に優秀で生命・生活支援技術に関連した研究に積極的に取り組んでいる人を対象としたものであり、2人が卒業研究として従事してきた成果が今回認められました。写真は奨励賞授与の様子で、左が泉君で右が星野君です。

(情報システム学科 岡本 健/2019年3月21日)