ホーム > 学生・教職員の活動 > 2017年度の学生・教職員の活動報告 > 第四回茨城学生建築展で学生が建築士会賞を受賞

第四回茨城学生建築展で学生が建築士会賞を受賞

第四回茨城学生建築展で茨城建築士会賞を受賞した石山さんとそのプレゼンの様子

2月21日 水曜日に開催された茨城県建築士事務所協会主催の「第四回茨城学生建築展」の審査において、産業技術学部産業情報学科建築工学領域4年の石山 裕貴さんが、「地域のコミュニティとなる保育園とコミュニティーセンター」の設計演習課題作品で茨城県建築士会賞を受賞しました。茨城県内の建築関連科目を有する大学、専門学校等が参加するこの建築展では、学生らしい発想力とデザイン性、そして新しい考えを提案する作品が評価されます。受賞に際し石山さんは「今回受賞した保育園とコミュニティーセンターの複合建築は、待機児童問題・差別問題の解消を目的とした聾学校移転跡地計画として考えました。これまで勉強してきたことの集大成としてすべてを注ぎ込んだ作品であり、 建築士会賞に選んでいただき嬉しく思っています。」と語ってくれました。 写真は茨城県建築士会賞を受賞した石山さんと作品のパネルです。

(産業情報学科 今井 計/2018年2月27日)