ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 理学療法学専攻4年次の国家試験受験学生が全員合格

理学療法学専攻4年次の国家試験受験学生が全員合格

3月29日 火曜日に第51回理学療法士国家試験の合格発表が行われ、本学から受験した4年次の学生は全員合格しました。

理学療法学専攻では、長期の実習の他、近年の国家試験難易度上昇を鑑み、2年次の総合理学療法演習1から対策を始めていました。過去問の模試および解説を取り入れた総合的な授業です。さらに4年生では、学内および学外の模試も頻回に実施され、試験の後は必ず自己採点し不正解だった箇所や理解が浅い分野の復習を促しました。今回の全国平均の合格率は74.1%で(現役学生は82%)、柔道整復師の国家試験合格率は80.8%、はり師は90.6%、きゅう師90.8%(いずれも全国平均)でしたので、専攻学生および教職員一体での努力の成果でした。合格した皆さんの今後のご活躍が期待されます。

(保健科学部保健学科理学療法学専攻 三浦 美佐/2016年3月31日)