ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 情報システム・會田君が全日本パラクライミング選手権大会優勝

情報システム・會田君が全日本パラクライミング選手権大会優勝

表彰後に撮影した喜びの1枚 保健科学部情報システム学科1年の會田祥君が、1月10日 日曜日に明治大学において開催された全日本パラクライミング選手権大会2016の視覚障害カテゴリーにおいて優勝しました。本大会は、9月に開催される2016IFSCクライミング世界選手権パリ大会の日本代表選考会を兼ねていましたが、視覚障害カテゴリーで1位となった會田君はみごと日本代表に選ばれました。

学内でトレーニングできる環境がないので、守谷市等まで出向いて練習を重ねてきた苦労が実を結んだ結果だと思います。會田君は2012年のIFSCパリ大会と2014年のIFSCスペイン大会の視覚障害B2カテゴリーで連続して優勝しているので、今年のパリ大会での活躍もおおいに期待されます。写真は、表彰後に撮影した喜びの1枚です。

(情報システム学科 坂尻 正次/2016年2月3日)