ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > IBSAブラインドサッカーアジア選手権2015に本学関係者が多数参加

IBSAブラインドサッカーアジア選手権2015に本学関係者が多数参加

リオ・パラリンピックアジア最終予選となるIBSAブラインドサッカーアジア選手権2015が、9月2日 水曜日から7日 月曜日まで、国立代々木競技場フットサルコートで開かれます。ブラインドサッカーの日本代表には本学関係者として、情報システム学科2年の佐々木ロベルト泉くん、鍼灸学専攻卒の川村怜さん、鍼灸学科卒の加藤健人さんが、ドクターとして木下裕光教授、トレーナーとして松井康助教、コーチとして福永が参加します。なお、試合の模様は全試合BSスカパー!で生中継され、9月2日 水曜日の中国戦、6日 日曜日のマレーシア戦は無料で視聴できます。

(情報システム学科 福永 克己/2015年8月25日)