ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > ブラインドサッカー日本選手権で3連覇達成

ブラインドサッカー日本選手権で3連覇達成

表彰式後の集合写真7月11日 土曜日と12日 日曜日、第14回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権が、アミノバイタルフィールド(東京都調布市)にて開催され、日本全国14チームによる熱戦が炎天下の中繰り広げられました。初日は3チームと4チームの4グループに分かれて予選リーグが行われました。本学卒業生や在校生が活躍するアヴァンツァーレつくばの初戦の相手は奇しくも昨年と同じコルジャ仙台でしたが4-0で破りました。2戦目のグラオベンフロイント東京には2-0で、3戦目の乃木坂ナイツには5-0で勝ったため、グループ1位となり準決勝に駒を進めました。2日目に行われた準決勝は関東の強豪を下してきた大阪ダイバンズに苦しめられますが1-0で勝ちました。決勝の相手は日本代表を4名擁する宿敵たまハッサーズ。0-0で迎えた後半開始早々につくばが今大会初失点を喫し、そこからつくばが猛攻を繰り返しますが、たまの鉄壁のディスンスを崩せずなかなか得点を奪えません。しかしながら、残り3分でなんとか追いつきPK戦に勝敗が委ねられました。PK戦の結果、見事7度目の優勝を飾り、シャーレ(優勝皿)を獲得しました。

昨年の戦いを経験した2年生が今年は中心的な役割を果たし、初めて試合に出場した1年生は来年の活躍を宣言していました。今大会に出場した半数以上のチームにおいて、本学を巣立った卒業生が主軸として活躍する姿が印象的でした。写真は表彰式後の集合写真です。また試合の模様は多くのメディアに掲載されました。

(情報システム学科 福永 克己/2015年7月15日)