ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 東北身体障害者選手権 水泳競技大会で学生が大会記録

東北身体障害者選手権 水泳競技大会で学生が大会記録

メダルを掲げる千葉さん6月7日 日曜日に宮城県仙台市で開催された、「第25回東北身体障害者選手権 水泳競技大会」に、保健学科鍼灸学専攻2年の千葉信野さんが出場し、好成績を収めました。

千葉さんが出場したのは、ST13クラス(視覚障害)の50m自由形と50m背泳で、その両方において大会記録を出しての第1位となり、11月に開催される全日本身体障害者選手権 水泳大会への出場権を獲得しました。

小学3年生で始めた水泳を今でも続けているとの事。「全日本身体障害者選手権のレベルは高く、また学業と練習を両立させるのも大変だけれども頑張りたい。」と抱負を語ってくれました。今後益々の活躍が期待されます。

(保健科学科鍼灸学専攻 笹岡 知子/2015年6月22日)