ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 医療センター研修生が全日本鍼灸学会学術大会で発表

医療センター研修生が全日本鍼灸学会学術大会で発表

会場での集合写真

5月22日 金曜日から24日 日曜日、福島県郡山市ビッグパレットふくしまで開催された第64回全日本鍼灸学会学術大会で、知久すみれさん、金子純子さん、新井洋子さん、上田邦彦さん、及川真理子、鶴田理絵さんの計6名の研修生が発表を行いました。発表に向けて、昨年より資料の収集や整理、スライドやポスターの準備、予行練習など、臨床終了後や合間を縫って準備してきました。発表当日は、多少の緊張もありましたが落ち着いてわかりやすく発表したおかげで、参加者からも多くの質問や意見をいただくことができました。この経験が臨床や人生に生かされるよう、今後も頑張っていただきたいと思います。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2015年5月28日)