ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 張建偉助教が情報処理学会第77回全国大会大会優秀賞を受賞

張建偉助教が情報処理学会第77回全国大会大会優秀賞を受賞

賞状を持つ張助教産業情報学科の張 建偉 助教が研究論文発表「クラウドソーシングによる聴覚障害者の情報保障手法の検討」で、情報処理学会第77回全国大会(2015年3月開催)大会優秀賞を受賞しました。

(社)情報処理学会は、1960年に設立され、情報処理の学術・技術の進歩発展と 普及啓蒙を目指す当該分野における最大の学会です。全国大会優秀賞は、全国大会でのすぐれた発表者に対して授与される賞で、第77回全国大会では、約1,400件の発表から10名が選定されました。 受賞者の張 助教には、第78回全国大会(2016年3月開催)の席上で、賞状、賞牌、副賞が渡されました。

受賞論文:張建偉、白石優旗、櫻井恵美、森嶋厚行、「クラウドソーシングによ る聴覚障害者の情報保障手法の検討」

(産業技術学部 平賀 瑠美/2016年3月15日)